お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

お金持ちの習慣その2:早起きをする

PHO ONG HUNG

PHO ONG HUNG

 お金持ちの習慣や成功法則は、既に解明していて実践している人も多い。多くのお金持ちは「早起き」という特徴がある。

 

何故お金持ちは早起きをするのか?は経済誌のライターレベル(凡人)でも説明できるので、ここでは敢えて取り上げない。

 

ここでは「早起きを習慣にするための思考」を取り上げたい。

 

まず朝5時や6時に起きるのは「早起き」ではない。住んでいる国にもよるが、一年中が夏となる南国なら日の出時刻は安定している。

 

ホーチミンシティでは概ね5時半〜6時になる。日の出のタイミングで起きれば良い。

 

仕事でも用事でも生産性の高い午前中が勝負。午後はマッサージへ行ったり、プールで涼んだり、夜はディナーや飲みに行く時間帯となる。

 

寝る時間は何時でも良い。眠くなったら寝る。

 

 「日の出のタイミングで起きる」「朝の散歩をして外の空気を吸う」この習慣の一体どこにやらない要素があるのだろうか?

 

普通の人が早起きを習慣にできない・続けられない最大の理由は「早起き」という定義です。ここに気付ける凡人は少ない。

 

元来、日が昇ってから何時間も経過した、7時だの8時だのに起きるのはおかしい。日の出のタイミングで起きるのが自然であって、それは早起きではないのです。

 

「早起き」と定義するから辛くなるのです。

 

 私たちが物資世界で使っている肉体は、(現時点では)メンテナンスやケアが不可欠な乗り物です。

 

自然のエネルギーを取り入れたり、バイオリズムを整えておけば機能がアップするわけです。

 

Point.

日の出と同時に起きるのは「早起き」ではない。人間から見ると早起きに映る動物は多くいます。彼らが是で人間が非なわけです。

 

自分が起きる時間を「設定している理由」を、一度よく考えてみてはいかがでしょうか? 

 

動物のが正しいことに気付けるでしょう。