お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

帰国して思ったこと:日本は「空間」が狭いので注意すべきか

JALファーストラウンジの鉄板焼き

JALファーストラウンジの鉄板焼き

 2週間だけ日本に帰国しています。GW10連休前に出国する予定。今日は帰国して思ったことを書きます。

 

 日本に戻ると、不思議なくらいネガティブオーラを放つ人と同じ空間に入る機会に出くわします。

 

初めは日本特有の「閉塞感」や「国民性」などが影響しているのかなと思いましたが、もっと単純に「空間が狭いから」と気付きました。

 

 私の日本人イメージは「頭が良く心配性」ですから、ネガティブな人が多いのは当然と考えています。

 

だからといって他国に比べて著しく多いとも考えにくい。

 

ところが電車でカフェで「ネガティブオーラを放つ人と同じ空間に入る機会」に出くわす。

 

これから仕事も友人も恋人も住む場所も、何でも自分で選択できる人が増えるはずです。

 

それに慣れてしまうと、ネガティブオーラを放つ人の近くにいるのは耐えられません。ここ数日だけで3回くらい、そういった場面に出くわしました。

 

ただし、会社や学校など組織に属さない限り、その場を去る自由があるから安心です。

 

 問題はなぜ帰国時に多いのか?

 

結論:あらゆる空間が(海外と比べて)狭いから。

 

牛丼チェーンのカウンター席やラーメン屋の席、カフェからオフィスまで、日本ではあらゆる空間が狭く造られています。

 

立ち食いそばとか。立ち飲み、立ち食いステーキとか。

 

そのため、どうしても「至近距離に他人が入って来てしまう」わけです。

 

 対策としては、座席間隔が広めのカフェや飲食店を選んだり、人が少ない田舎で暮らすといった事が考えられます。

 

私の場合は便数の多い国際空港が必要なため、首都圏を離れられませんが、自由な方が増えれば東京一極集中が終わるでしょう。

 

おそらく2020年が東京一極集中のピーク。

 

 そもそもお金持ちであれば、料亭の個室や会員制の店、カフェも高級ホテルを使うためネガティブオーラに触れる機会は少ないと思われます。

 

中でも高級ホテルのカフェやラウンジはおすすめです。

 

東京にも帝国ホテルや高級ホテルには、必ずカフェやラウンジがあります。帝国のカフェやバーだと、大御所の芸能人なんかもよくいます。

 

芸能人なんかは車で移動して人目につかない生活をしているので、ある意味静かに落ち着いた暮らしをするプロとも言えます。

 

 料金は高いけど価値はあると思います。一種の自己投資ですね。価値のない会社の飲み会よりは良いでしょう。