お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

【2019最新】タイ・バンコクの物価について

thai noodle 69バーツ(約240円)

thai noodle 69バーツ(約240円)

 タイ・バンコクは大都市で日本でいえば東京にあたる。タイには大阪や名古屋といった大きな経済圏はなく、バンコク1強です。

 

渋滞は相変わらずですが、地震国でないため分散よりも首都「圏」へ拡大の方向。

 

日本と外国の物価や給与水準を比較するとき、やはり都市部と地方では大きな差がありますし、極論すれば個人が「何を食べてどんな家に済むのか?」によって違ってきます。

 

「一概には言えない」というのが正しい認識ですが、ここではTVのようにタイの生活費の安さを過度に煽ったりせず、正直にお伝えします。

 

まず私が物差しにするのが「マッサージ代」です。庶民的なマッサージ店は、どこの国でも 賃料と人件費がダイレクトに反映される傾向があるからです。

 

東京だと1時間6,000円が相場、安さを売りにする店も増え1時間3,000円というのも出てきました。

 

日本の場合は賃金が上昇しないため、5年程度ならマッサージ代は据え置かれる。いや、むしろ1時間3,000円の登場でデフレです。

 

東南アジアの場合は都市部のインフレ(物価上昇)が目立っており、日本人が多いバンコク・トンロー周辺やプロンポン周辺なら、1時間250バーツ(1バーツ×3.5円=875円)が相場。

 

日本人の多くが暮らすトンロー周辺やプロンポン周辺は、バンコクでも1番高いと思って良い。

 

中心部のオフィス街も同じくらいになっている。

 

バンコクでは「チップ文化」があり、マッサージ代1時間250バーツ(1バーツ×3.5円=875円)に加えて、チップ50〜100バーツが必要になる。

 

総額は1時間300〜350バーツ(1,050〜1,225円)というのが実際のところ。マッサージ代は、東京がバンコクの3〜6倍程度です。

 

 ここで物価に関して重要なお話を。

 

私はマッサージ(健全)が大好きなので良く行くが、これを利用しない人にとっては、いくら安くても無意味となる。

 

タイで物価の恩恵を受けられる最たるものは「家賃」です。この家賃はとにかく安い。加えて、なかなか豪華な部屋に住める。

 

タイ人で1万バーツ/月の家賃を払っている人は稀。会ったこともないくらい。ちなみに1万バーツは35,000円。

 

2019年現在、バンコク郊外のタウンハウスが、新築で300万バーツくらいです。

 

つまり「賃料を月1万バーツも払うならローンを組んで家を買う」というのがタイのアラサーの実態です。

 

コンドミニアムでも中心部からやや離れた駅前で狭ければ、300万バーツ程度から買えます。

 

こうなると、収入が少ないなら月5,000バーツくらいで借りて、月1万バーツ以上払える人は買うとなります。

 

 2019年現在、バンコクで家賃2万バーツ(7万円)を超えるコンドミニアムは「高級」の部類に入ります。

 

プールやジムは当たり前で、屋上庭園やコワーキングスペースなど、ファシリティが充実しています。

 

また、家賃2万バーツ(7万円)を超えるコンドミニアムは、駐在員に貸すことを主目的にしており、家具・家電は備え付け。

 

中国人は違法民泊を目的に投資しているケースが目立ち、利用者が旅行者になることから家具・家電付きになっている。

 

 こちらでは月2万バーツも払うタイ人はほとんど居ないので、選択肢も非常に多く豪華な暮らしができることは確かです。

 

食費については比較する意味はあまりないと考えていますが、ひとつだけ申し上げれば「タイの場合、安く済ますことが可能」です。