お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

大多数に理解されない。怪しいと思われている。

シンガポールの朝焼け

シンガポールの朝焼け

お金持ちを選択するか?貧乏を選択するか?それとも一般人(普通の人)を選択するか?それは自由です。

 

大切なのは「それを他人に決められないこと」自分が決めることです。

 

自分が選んだなら凡人でも天才でも、お金持ちでも貧乏でも、それでいいじゃないですか。もし他人に強制されているなら変えたほうが良い。

 

申し上げたいのは、お金持ちになりなさい、成功しなさいということではありません。

 

自分がどうありたいか?という「状態(ステート)」は、本来自分で決めるべきなのです。

 

自分で決めたのなら、例えそれがお金持ちでも貧乏でも普通でも幸せでしょう。「普通が一番」なんて良くいうじゃないですか。

 

では、普通は嫌な方へ普通じゃなくなるヒントを少々。

 

私は幼少期から「変わっている」「おかしい」と言われ続けて来ました。既存のルールにも全然従わない子供でした。

 

 親も教師も扱いずらい面倒な子供でした。それは今も変わりません。

 

 自分では「20年先を生きている」と常に思っています。

 

うちの親がテレビを好んで見ていますが、今時テレビを見ているなんて驚きです。海外の番組であれば「語学のため」という意味であり得ますが・・・。

 

 私はここ何年か、タイ・ベトナム・日本をぐるぐる回って暮らしています。理由はこれらの国が好きだから。

 

仕事で駐在ではなく、自ら選んで住んでいます。

 

マッサージなどに行くと「仕事ですか?観光ですか?」と聞かれたりもする。

 

「いやいやロングホリデーだよ」と答えている。

 

大抵「どのくらいの期間ですか?」と聞かれる。

 

「そりゃずっとだよ」と答える。

 

 ???となる。

 

世間からも親からも理解されず、「怪しいと」思われながら何十年も生きてきた。このブログを読んでいただいている方々も同じ思いかもしれない。

 

私の信条に「一般の人に理解されてるようじゃ駄目」というのがある。

 

私の状況、生活を富裕層・お金持ち・成功者に話すと、何故かすんなり理解される。おそらく似ているのだろう。

 

「バンコクのコンドミニアム買いました」と言えば、親や初対面の人は「え?なんでバンコク?」と聞く。

 

富裕層は「それって資産の置き場としてどうなの?」「投資なの?住むの?」などと聞く。

 

居住用だけど、もちろん出口も考えている。自分は投資家ですから。というのが答え。

 

「セルフ・イールドプレイって、ある意味最強ですよね」という。

※自分に賃貸する限り、空室リスクは無いという意味。

 

富裕層は「そうだよね」と頷く。

 

会話の意味が読み取れるだろうか?

 

 宇宙の法則・自然の法則など、呼び方は何でも良いが「全員お金持ち」「全員大成功」なんて世の中があるだろうか?

 

これが無いことくらいは普通の頭でも理解できるはず。

 

ならば、みんなに同意されてるようなら「普通を選択している」という証左でしょう。それでも「普通が一番」という信条なら、それでベストなんです。

 

普通は嫌だと思うなら、尖って生きましょう!

 

でも、みんなに「怪しい」って思われて生きるのは嫌ですよね、普通は・・・それがコンフォートゾーンというやつなんです。

 

人生どれだけ「怪しい人になるか?」の勝負ですよ555←タイのwww

 

 こんな大事な法則、無料で教えちゃっていいのかな。まぁいいか、読んでる人少ないし。

 

「お金と時間があったらなー」と願いながら、同時にそれを持っている人から目を背ける自分。

 

矛盾してませんか?

 

 成功しているZOZOの社長とかホリエモンが失敗すると、ちょっと嬉しいでしょ?儲かると悔しいでしょ?

 

それがあなたのコンフォートゾーンなんです。