お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

無駄を省いて上手に生きる〜どこで線を引くべきか?

毎日スタバにいると平日でも週末でも1日中勉強している人々がいる。ちなみにルノアールに行くと保険・不動産・マルチの勧誘が盛ん。

 

比較的ローカルのスタバになると「長時間お断り」やルノアールでも「マルチ・サークルお断り」の張り紙を見かける。

 

私の場合、概ね1時間くらいで別のカフェへ梯子したり本屋をぶらぶらしたりする。

 

特に規制のないスタバの場合、いったい何時間まで居てもOKなんだろうか?明らかに半日くらい居る高校生も見かけるが・・・。

 

ここに上手に生きるヒント・学びが隠されています。

 

半日も混み合っているカフェの座席を独占するという事は、お店や他人にまったく遠慮していないということ。

 

大抵の人は、購入した商品に見合いそうな時間の分だけ滞在しようとする。コーヒー1杯で3時間は・・・と考える。結果としてフードやケーキを追加したりする。

 

「遠慮する」という感情が身についているわけです。

 

これってどこまで遠慮すればベストなのだろうか?この線引きこそあらゆる場面で大切な判断基準になる。

 

こういう細部にこだわりがあると上手く生きることができる。結果的に時間もお金も増えます。

 

 しっかりとしたルールがあれば無駄に遠慮したり、迷ったり、そわそわしないで済む。結果的にもっと重要なことにリソースを振り向けられるわけです。

 

私の線引きを紹介します。他人や権威がいうことよりも、実践しつつ自分の最適を見つける癖をつけて下さい。

 

あくまでも私がベストと考える「気をつかう相手の範囲」は、まず家族、親しい友人、恋人、大切なビジネスパートナーあたりです。

 

これをRPGでいうパーティと捉えます。

 

パーティの事は親身になって考え、その外側にいる人には一切の遠慮不要。あなたがRPGゲームをプレイしているとしよう。

 

当然、パーティのメンバーには気をつかうし手助けもする。時には助けられたりもする。

 

だが、武器屋のオヤジやすれ違う街の住人に、いちいち遠慮したり何かをしてあげたりするだろうか?

 

現実社会でも他人の目を気にしていてはキリがない。

 

ルールがしっかりしてない人は、時に他人に遠慮したり、時に他人を無視したり、時に他人を助けたりもする。

 

都度判断を要する生活をしているため、無駄な事で浪費してしまう。

 

どこかでキッチリ線引きをして、それを守り通すと楽に生きられます。無駄な気遣いをしないので、有益なことを考える余裕が生まれます。

 

例外的に例え他人であっても「お年寄りが目の前に来たら席を譲る」など、良くある場面はあらかじめ想定してルールを決めておけば迷わない。

 

ルール:電車でお年寄りが入ってきたら100回に100回席を譲る。

ルール:(すぐに降りる、老人扱いするな等)断られたら、100回に100回受け入れて座り直す。

 

こういったルールを決めておけば、何も考えなくても体が勝手に動きます。空気を吸うように。

 

これが無駄なリソースを使わない上手な生き方です。

 

人付き合いや上司・部下・同僚に対しても、しっかりとルールを決めておけば楽ですよ。

 

 ポリシーとか拘りを持ってる人間は強いものです。

 

Point.

全ての選択肢を都度判断する環境を作らない。重要な決断以外はあらかじめルール化しておく。