お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

人口ピラミッドから経済を読む:2019年

人口ピラミッドから経済を読む:2019年

人口ピラミッドから経済を読む:2019年

 金融庁が老後の年金が2,000万円足りないだとか、実は3,000万円足りないって試算も出てきたとか、話題になっています。

 

でも、それって10年前にも20年前にもわかってましたよね?

 

同じように、今から10年後や20年後も容易に想像がつくわけです。

 

ひろゆきさんを始め、日本は詰んでいる日本は詰んでいると言われますが、心強い動画を見つけましたので貼っておきます。

 

 

動画の中で島倉さんは「日本が完全に詰んでたって、自分が詰んでなきゃいいんだよ」と言っています。

 

 まったくその通りです。悲観からは何も生まれません。

 

私の人生哲学に「備えて忘れてしまえ」というのがあります。

 

例えば南海トラフや首都直下大地震が30年以内に7割とか言われても、明日なのか?30年後なのか?不安ばかり抱えて生きていても仕方がありません。

 

出来うる限りの備えをしたら、忘れてしまうのが一番なのです。人間は不安を現実にするのが得意なので注意して下さい。

 

ネガティブシンキングがなぜ悪いのか?という問いの答えの一つでしょう。

 

 では本題です。

 

この人口ピラミッドをみて日本が将来「豊かになる」と考える人がいるでしょうか?冷静に分析していきましょう。

 

・現役世代の負担が大き過ぎる。

・成長が見込めないため、海外から投資が呼び込めない。

 

日本は少子化対策には失敗しています。加えて国際化にも失敗しています。GDPが成長していく要素がまったくありません。

 

ここまでは誰にでもわかるかと思います。

 

では経済はどうなっていくのか?繰り返し申し上げてきた通り「消費しなくなる」というのが今後10年20年で起きることです。

 

消費するのは外国人観光客、その数は2018年3,100万人です。一方で海外旅行へ出かけた日本人は1,900万人でした。

 

差し引き1,200万人×数日分でしかないのです。

 

若者を中心に一気に冷え込む令和の消費。その冷え込んだ分はどこへ向かうのか?その答えは投資・貯蓄・自己投資です。

 

年金が公助から自助になると、国が表明しているのだから当たり前の流れです。

 

日本の若者の夢は「資産を築いて海外移住」となります。

 

 

次回は少子化など「解決の見込みがない社会問題への対処法」を考えます。

 

Point.

人生どれほど遅れを取っても遅過ぎるということはありません。

 

・備えて忘れる。

・問題が起きたら対処する。

 

これが大切です。