お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

生き方の答えは出ていた!将来の不安にフォーカスせず、過去も忘れる。

生き方の答えは出ている

生き方の答えは出ている

 前回の記事で「自尊心が大切」という話をした。実は生き方の答えは私たちが生まれる前から出ていて、それは既に誰かが説いてきたもの。

 

京セラ・KDDIの創業者でJALを再生した稲盛和夫氏は言う。

「地位も財産もあの世には持っていけない、持っていけるものがあるとすれば魂である。従って生まれた時よりも魂が磨かれていれば良い」と。

 

・人は何のために生まれたのか?

・人は何のために生きるのか?

 

追求していくと同じ答えに行き着く。

 

私は昔から「人生とは魂のレベル上げである」と気付いていた。レベル10で生まれたなら20にして帰れば良いというわけ。

 

そのためには「懸命に働き」「懸命に遊び」「懸命に休み」「懸命にサボり」「懸命に助け」「懸命に生きる」とにかく手を抜かないことだ。

 

ボーっとするにしても、ただ何となくボーっとするのか、懸命にボーっとするのかは違う。

 

芸術的なサボり、洗練されたサボり、感心されちゃうくらい「ぐうたら」何てのもある。

 

遊びでもゲームでも恋愛でも追求する。仕事も人間関係も生き方も懸命にやる。これが大事になる。

 

自分の頭で考えることを止めては行けない。

 

懸命に生きた人はここに行き着く。なぜ、会ったこともない人々が同じ結論に至るのだろうか?ふとそう思った。

 

これは仮説だが「思い出したから」だと思う。魂の記憶とでも言うべきか。

 

私たち人間は生まれる前から「生まれる理由」や「生きる意味」を知っていたのだ。だが忘れていた。それを思い出した。

 

こう考えないとあらゆる時代の一定の人々が、交流もないのに同じ結論に至る説明がつかない。

 

私たちは「気付いた」のではなく「思い出した」のだ。

 

年金がいくら不足するのか?こんな事にフォーカスしても無意味である。

 

老後2,000万円不足するから貯金しよう→貯金を始めると「本当に2,000万円で足りるの?」何て不安になったりする。

 

 大切なのは「将来の不安にフォーカスしない事」これに尽きる。ついでに過去の自分の失態も忘れてしまおう。

 

成長した自分なら過去と同じ選択はしない。同じ選択をしないなら、それは違う人間なのだ。今のあなたとは違う。

 

他人(今の自分と違う自分)の失態を後悔したり引きずったりしたところで、一体何になると言うのか?

 

成長前の自分の事など「それは(今の)自分じゃない」として忘れてしまおう。

 

これは「考え方」の問題ではない。実際に違う人間になっているのだ。

 

世界中の成功者たちが「今にフォーカスせよ」「この瞬間に生きろ」と声を上げ始めている。これは何も新しい発見ではない。

 

大昔から偉人たちが説いてきた事なのです。

 

 将来不安を抱え、それにフォーカスして生きれば「悪い将来」を引き寄せてしまう。得たものを失う恐怖も同じメカニズムだ。

 

引き寄せの法則といえば理解されやすいが、実際のところはちょっとニュアンスが違う。

 

引き寄せると言うよりも、不安が望まぬ現実を作ってしまうと言う方が正しいだろう。

 

「今を生きる」「この瞬間にフォーカスする」と言うアドバイスは、裏を返せば「未来や過去にフォーカスしない」と同義である。

 

将来老後年金が2,000万円不足するから懸命に働く・懸命に貯金するのではなく、年金が2,000万円余るとしても懸命に働き・懸命に貯金すれば良い。

 

そして懸命に遊び、懸命に休む時間を捻出する。過去や未来は関係ない。

 

こうやって懸命に生きていると、次から次へとやりたいことが降りてくる。気持ちはワクワクして、生きることが楽しくなる。

 

同時に下らない事を気にしていた過去の自分、今とは違う自分にウケる。

 

高い次元から世の中を見渡すと笑いが止まらない。人は何故こんなにどうでも良い事に頭を悩ませているのかと。

 

「もっと可愛く産んで欲しかった」なんてセリフを聞くと笑ってしまう。

 

合コンに自分よりちょっと見た目の劣る友人を誘えば、相対的にあなたがモテる・選ばれる。

 

もしも自分が世界一のブスだと言うなら、ゴリラでも連れて行けばいよい。やはり相対的にあなたがモテるだろう。

 

若い頃に自分が抱いていた何か。それは全て幻想だった。そんなものは最初から存在していなかったのだ。

 

懸命に生きていれば、これがわかるようになる。

 

Point.

自分の頭で考える事を止めては行けない。年金2,000万円問題なんてのは、自分の外で起きている現象に流されている証拠だ。

 

懸命に学び、懸命に働き、懸命に遊び、懸命に休む。 

 

流されるな、自分の頭で考えよう。見える景色が変わってくれば、この世はVRゲームと大差ない。