お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

毎月の固定費を0円にするは可能か?

固定費0円という最強の暮らし

固定費0円という最強の暮らし

「常識を疑え」と良く言われますが、今回は「固定費」について。

 

私は毎月贅沢な暮らしをしているが、そのほとんどが「変動費」である。変動費は臨時出費みたいなもの。

 

もっとわかりやすく言えば、固定費は最低限生きていくために必要なもの。変動費は無くても生きられるものだ。

 

日本で生活する上で「固定費0円なんてあり得ない」と皆が信じている。だって水光熱費には基本料があるし、スマホやインターネットも必要だ。

 

それは真実だろうか?

 

日本では長く核家族化が進行して来た。私は近年この流れに逆らい大家族化を推奨している。

 

核家族化の例をあげよう。

 

・両親の実家

・兄弟の家

・自分の家

 

これに加えて、将来は子供が独立したりする。寿命が伸びた現代なら、3世代くらいは同時に生存しているのが一般的だろう。

 

 簡単なところからいく。

 

・両親の実家・・・NHK料金、水光熱基本料金、インターネット代、食費、消耗品代。

・兄弟の家・・・NHK料金、水光熱基本料金、インターネット代、家賃もしくは住宅ローン、食費、消耗品代。

・自分の家・・・NHK料金、水光熱基本料金、インターネット代。家賃もしくは住宅ローン、食費、消耗品代。

 

学費とか家によって違うものを除くと、大体こんな感じになっているだろう。そう誰もが払っている固定費や生活費だ。

 

 3つの家庭でそれぞれが費用を支払っている。これが核家族化である。出来るだけまとまっていけば良いし、私はそれを実践している。

 

 実家の場所や広さなど、事情はあるがここでは「核家族化は損」「大家族化は得」というテーマなのであしからず。

 

固定費を0円にするアイデアの話であり、そのアイデアは実践可能で現実味があるという話である。

 

私は3年ほど前に東京の賃貸を引き払って実家へ帰った。父はNHKドラマが大好きで、喜んでNHK受信料を支払っている。

 

水光熱費も食費も消耗品費も、すべて年金が原資となっている。

 

これに乗っからない手はない。他人に乗っかるのは難易度が高いかもしれない(それでも乗っかるべきだと思うが)、せめて家族とは関係を良くして乗っかろう。

 

長い人生でNHK受信料や水光熱費を一族で3倍も支払う必要はない。どんどん乗っかろう。水光熱の基本料だって1軒分で済む。

 

実家が遠いなら兄弟と隣り合わせのアパートに住むという手もある。これも私が推奨する大家族化のテクニックだ。

 

兄弟の家庭内Wifiに接続させてもらう、お礼にふるさと納税で取りまくった米や肉をお裾分けする。

 

返礼品で返礼だ。

 

いつからお裾分けしなくなってしまったのだろうか。昭和を生きた人なら当たり前の習慣だ。

 

隣に住む兄弟と、掃除機からスーツケースに至るまで、何でもかんでもシェアしよう。もちろん車も2家族で1台だ。

 

コストを考えれば、全然不便じゃない。

 

親や兄弟との関係を良くし、計画的に協力体制を築いていけば、生活はどんどん楽になる。

 

必要なものさえ持たない。これこそ究極のミニマリスト生活になる。家族が居ないなら信頼できる友人と計画を練るべきだろう。

 

乗っかりのコツとしては、実家の清掃や修繕をどんどんやってあげよう。どうせ実家をタダでもらうんだから、親の世話も積極的にやろう。

 

印象がアップして財産まで円満相続だ。

 

気持ち悪いくらい周囲に良くして乗っかろう!自分のお金は贅沢や投資に使う。WinWinの関係だ。

 

世の中には色々な人がいる。多くの人の常識も、別の人にとって真実とは限らない。「出来ない」「あり得ない」と決めつけず、知恵を絞ろう。

 

貧乏を選択するのは自由だし、止めはしない。しかしながら「それは、あなただから出来る」というのは真実ではない。

 

Point.

 金持ちこそケチな側面を持っているもの。