お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

帰国しました!しかも人生最大の謎が解けた

ホーチミン・シティはバイクがいっぱい

ホーチミン・シティはバイクがいっぱい

 帰国しました!今回は55日間連続で遊び、遊び過ぎて仕事がしたくなった。今回の渡航中に色々な謎を解き、人生最大の謎も解けた。

 

今でも十分すぎるほど幸せだが、この人生ゲームでは立ち止まっては行けない。

 

2016年から日本→ベトナム→タイをぐるぐる回る生活をして、そろそろベトナムとタイに飽きてきた。

 

自分を喜ばせるためには、もっともっと燃料を投下しなければならない。それがこの人生ゲームの必勝法だからだ。

 

いくら飽きてきたと言っても、好きな国は好きな国、嫌いな国より上だ。

 

こんな時どうすれば良いのか?

 

答えは「間隔を開けること」だ。みんなも久しぶりに帰った田舎、小さい頃に登った山、修学旅行で行った京都とかに、大人になって久しぶりに行くと「やっぱりいいなぁ」なんて感じた経験があるだろう。

 

それだ。この人生ゲームでは、それこそ波動を上げる行為となる。

 

好きなタイ・ベトナムに飽きたからと言って捨てる必要はない。意図的に訪れる間隔を開けるべきなのだ。

 

そうなると、他に楽しい国を追加する必要がある。

 

追加するのはまず「台湾」だ。台北は何度も訪れているが、好きな街のひとつ。美味しい蒸し餃子屋や、おしゃれなカフェを知っている。

 

きっと気分良く過ごせるだろう。

 

好きな国、行きたい場所は人それぞれだが、東アジアでは日本と台湾、東南アジアではタイとベトナム、中東のUAE(ドバイ)とカタール(ドーハ)を経由地に、ジョージアと欧州へ向かいたい。

 

このゲームは「いかにして良い人生にシフトさせていくか」を競うものである。

 

そのためには気持ちが沈んだ状態を排除しなければならない。24時間ワクワク楽しい時間で埋め尽くせれば上級者だ。

 

「飽き」「マンネリ」はシステムが用意した障壁である。

 

そんなものに負けては行けない。「楽しい」を求めてどこまでも行こうじゃないか。