お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

2020年の渡航計画とミニマリストな方へ

JALファーストクラス・ラウンジ

JALファーストクラス・ラウンジ

 なんとチャイナ・エアラインが中国じゃなくて台湾のフラッグシップ・キャリアだった!ちなみに中国のフラッグシップはエア・チャイナ。

 

注:チャイナエアライン→台湾

注:エアチャイナ→中国

 

凄い罠だ。 

 

3年続けた日本→タイ→ベトナム周遊生活に飽きてきたという事で、2020年から台湾と北海道を追加しようと思う。

 

通常、日本発ならJAL(ワンワールド)、タイ・ベトナム発ならベトナム航空(スカイチーム)を使っていた。

 

追加される台北→バンコク 、バンコク→台北で何に乗るか?ここ数日悩んでいた。

 

というのも、台湾といえばエバー航空だろう・・・と思い込んでいたから。 

 

前提として、航空会社の上級会員プログラムに2つ入っているのだが、それがJALなどのワンワールドとベトナム航空などのスカイチームになる。

 

台湾のエバー航空とタイのタイ航空、ANAなどはスターアライアンスになる。

 

やっぱりANAの上級会員も取らないとダメかなぁ・・・どうしようと悩んでいたが、よくよく調べると、チャイナエアラインがあった。

 

会社名から完全に中国本土のエアラインと勘違いしていたが、チャイナエアラインは台湾のフラッグシップだった。

 

しかも我らがスカイチームだ。

 

これで以下のような選択をすれば常に優遇が受けられる。

・東京→台北、バンコク 、ホーチミン:JAL

・台北→バンコク :チャイナエアライン

・台北→ホーチミン:ベトナム航空

・バンコク→ホーチミン:ベトナム航空

 

※ちなみに羽田国際線のファーストクラスラウンジでは、鉄板焼きがある。成田国際線ファーストクラスラウンジには、人が握る寿司カウンターがある。

 

実は複数の国を周遊していると、障壁にぶつかる事が良くある。代表的なのは、SIMカード、ビザ、航空券などだ。

 

航空券の片道は異様に値段が高く、往復を上手く組み合わせる必要が出てくる。さらにベトナムの場合、出国から1ヶ月はビザなし入国が出来ない。

 

もっと具体的に説明すると、東京→バンコク→ベトナム→バンコク→東京はノービザでも可能で、東京→ベトナム→バンコク→ベトナム→東京はバンコクに1ヶ月以上滞在しないとベトナムへ戻れない。

 

様々な制約がある中で最大限の楽しみを追求している。実際にはタイかベトナムの観光ビザ(マルチプル)を取っていく事が多い。

 

渡航が長くなる時、ビザ以外でもっとも必要なものは何だと思うだろうか?

 

意外かもしれないが「洗濯機」だ。

 

日本、タイ、ベトナムでは自宅やレジデンスで洗濯が出来る。台北は周遊の最初と最後に持っていき、それぞれ1週間程度にして洗濯なしで乗り切りたい。

 

もちろん台北にもサービスアパートに近い宿泊施設はあるのだが、とにかく高い。中山エリアなら1泊1万円くらいする。

 

これから台湾をぶらぶらしながら、安く+快適に滞在する方法を模索したい。恋人を作って世話になるのも一つの手だろう。

 

空の便が良く、MRT網も完成している台北。出来れば拠点が欲しいところだが、台湾の不動産はべらぼうに高い。

 

台北の不動産は所得比で世界一高額とも言われている。台北には、どうしてもチャイナマネーが入ってくるので仕方がない。

 

台北市に引きずられるようにして、新北市の不動産価格も上昇している。通勤はしないので、何とか空港アクセスの良い、MRTのどこかに拠点が欲しいところだ。

 

快適に過ごすための悩みは尽きないが、2019年よりも楽しい2020年にするために、どこまでも知恵を絞ってチャレンジしたい。

 

Ps.ミニマリストの方へ・・・物を捨てたり、無駄な空間を無くしたり、片付けをしたり、あなたがミニマリストを目指す理由は何だろうか?

 

部屋を綺麗に片付けて、無駄な物を捨てて、頭がスッキリして幸せになれる、お金も貯まると信じている。

 

余計な物を捨てたらお金が貯まる、それは何故だろうか?重要なのはそこだ。

 

・なぜミニマリストになるのか?

・ミニマリストはなぜお金が貯まるのか?

 

それはあなたの気分・気持ち(波動)が上がるからだ。成功法則は全ての人に共通ではない。その意味も理解できるだろう。