お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

ちょっと待った!住宅ローンが払えない時の裏技

ちょっと待った!住宅ローンが払えない時の裏技

ちょっと待った!住宅ローンが払えない時の裏技

30代の若い世代の債務が膨張している。住宅販売会社は、やれ低金利だ!今がチャンス!と捲したててる。

 

企業も住宅手当を削減する方向で、住宅購入へ背中を押してくる。みんな「低金利」を勘違いしていることに気付いていない。

 

「低」金利=住宅価格「高」と考えるのが当たり前。全然チャンスじゃないわけ。

 

例)金利が上がったり不景気で、住宅が全然売れない時に安く買う→金利が下がったら借り換え。金利が下がらないなら繰り上げ返済。

 

こんなパターンが本当のチャンス。安く買えないなら低金利もクソもない。

 

 既に終身雇用じゃないのは知っているはず。まずは資金を貯めよう。「買える金額と払える金額は違う」と言うじゃないか。

 

クレイジーなローンを組むのは辞めよう。

 

もう組んじゃったって?

 

まだ買ってない人は良く勉強しよう。買っちゃった人も勉強して備えよう。知識をつけて備えておけば、家を手放すことなく完済できる。

 

2019年のニュースで「フラット35を不動産投資に利用していた」と言う問題が発覚した。これやっちゃうと銀行から一括返済を求められても仕方がない。

 

皆さんも「住宅ローンの低金利で買って、賃貸に出しちゃマズイだろ〜」と思ったことだろう。このイメージが強化されたと思う。

 

ところが国は「ある条件」で住宅ローンで買ったマイホームを賃貸に出しても良いと言っている。

 

 え?

 

と思うかもしれないが事実だ。ある条件とは普通に「所得が低下して返済が困難になったとき」となっている。

 

住宅ローンが払えなくなると、半年から8ヶ月くらいで競売まで行ってしまう。そのため焦って任意売却したものの、債務が残ってしまうことが多い。

 

では、夫の失業などで住宅ローンが払えなくなった時の手順を説明しよう。

 

手順1・・・銀行に相談。正直に所得が低下して払えないと申告する。

手順2・・・銀行の同意の上、自宅を賃貸に出し、狭小ボロ賃貸へ引っ越す。

手順3・・・賃料収入によって住宅ローンの支払いを継続する。

手順4・・・時間を稼ぐ→子供が成人し、出費が減る。一家総出で返済する。

 

すべての手順を迅速にこなす。時間との勝負となる。

 

Point.

最大のポイントは銀行が「賃貸に出すことに同意してくれる」と言う点。住宅ローンで買ったマイホームなのにだ。

 

ニュースをみて混同しないで欲しいのは「不動産投資として、これやっちゃあいけないよ」と言うところ。

 

住宅ローンが払えなくなってマイホームを手放す人は不動産投資家じゃない。普通の実需層だ。大抵の人に当てはまる。

 

まとめ.

ここまで読んだら、さらに深掘りして考えて欲しい。35年もの長期ローンの世界では、所得が下がったり失業するなど、当たり前のように発生するのだ。

 

そんなんで、いちいち団体信用生命保険の発動を考えてどうする?「知識」は金にもなるし、命をも救う。

 

住宅ローンを一生組む気がない私でさえ、この程度の知識(リテラシー)は基本の「き」だ。

 

 そろそろ何を言いたいのか話をまとめよう。

 

申し上げたいのは「自分が住む(自己居住)前提でも、投資家の目線で貸せる家・売れる家」を買うべきなのだ。

 

少し狭くても我慢して「駅近」のマンションにしたり、借り手・買い手(需要)の多い間取りを選んだりしよう。

 

自分が欲しいより、他人も欲しいと思うのか?今後主流となる家族構成は、どんなものなのか?

 

常に「出口」(賃貸・売却)を意識し、しっかり勉強してから購入しよう。キッチンがどうとか、投資じゃないとか、そういうのは「おまけ」で。

 

「きゃー素敵」じゃなくて、これを将来「借りる人はいるだろうか?」「買う人はいるだろうか?」そんな目線で物件を見ようじゃないか。

 

バスとか使うようじゃダメよ。今の時代、住宅は「共働きの若い夫婦」が買うんだから。現役バリバリで通勤してるんだから。少々狭くても駅近で。

 

駅近は高くて買えないって?じゃあ高くて買えないんだよ。今は。