お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

兄がほぼ失業しました・・・経済破綻・生活破綻に備える

頑張れ!いきなりステーキ

頑張れ!いきなりステーキ

諸外国に比べ、かなり緩い自粛となっている日本。さらに緩いスウェーデン。この2国以外では、ロックダウンによる自殺者が急増している。

 

実兄の業界も大きな影響を受けており、コネを使って転職を目指しているようだ。

 

6月に経済活動を再開しても、以前の7〜8割回復できればいいところ。当面は海外旅行も出来ないし、外国人が訪日することもない。

 

スポーツやイベント、スポンサーが苦しくなるため、テレビ局でさえも生き残るのは難しい。インバウンド目当ての業界も見通しが立たない。

 

医療崩壊により医療は受けれないし、介護も確実に崩壊してくる。

 

とても元の世界に戻れる気はしないが、元の状態に近くなる可能性を5割、最悪のシナリオも5割、両方考えておくべきだと思う。

 

そして悪い方にだけ備えておく。

 

私が何年もかけて編み出し、実践している生活防衛術を紹介しよう。疫病、地震、放射能、戦争が起きるリスクは常にある。

 

まず収入を得るのが難しくなるので、人生最大の固定費に対応する。

 

それは「家賃 or 住宅ローン」だ。

 

私の場合、長い時間をかけ危機への備えを行ってきたので、当面は問題なく暮らせる。今後に目指すべきモデルを紹介したい。

 

1.家賃&住宅ローンなしの戸建てを保有する

2.住宅ローンと預金をバランスさせる

 

このどちらかになれば理想的だ。戸建てを推奨するのは、一般的にマンションより広かったり部屋数が多いから。その代わりにマンションより不便な立地になる。

 

マンションの維持費は自分でコントロールできないが、戸建ての場合は資金的な余裕が無ければ「修繕しない」という選択が可能。

 

家というのは「雨漏り以外は耐えられる」と知っておいて欲しい。雨漏りだけはだめ。雨漏りは我慢の問題ではなく、家そのものが駄目になってしまうから。

 

それ以外は寒ければ厚着したり、布団を重ねたりして凌ぐ。暑さも無料で凌げる。まずは家賃・住宅ローン支払いのない戸建て所有を目指そう。使い道は多い。

 

次に「2」のケースを説明しよう。具体的には「住宅ローンの残り1,500万円+貯金1,500万円」という状態となる。

 

どうしても住宅ローンを組んでいたいという人もいるだろう。団信だったり、手元資金が必要なために。その場合には、住宅ローンと貯金がバランスしていれば良い。

 

次に戸建ての活用方法を紹介しよう。

 

不景気が深刻になると身の回りで失業者が出てくる。もしあなたが20代30代の会社員で、東京で一人暮らししていたとしよう。

 

貯金が無い状態で失業したら家賃は払えない。結果、実家に帰らないと生きていけなくなる。そうやって実家に帰ることを考えるだろう。

 

ここにヒントがある。

 

人間、生きていけなくなった時には親、兄弟、親戚など血縁者を頼るように出来ている。集まって行くことで生活コストは下がるのだ。

 

ならばあなたが戸建てを持っていれば、兄弟、親戚など血縁者を受け入れていき、家賃をタダにする代わりに、水光熱費や固定資産税を払ってもらう。

 

もちろん1万円でも2万円でも、その時払えるだけで良い。1円も払えないなら掃除、庭の手入れ、DIY、買い物、料理などをやってもらう。

 

こんなこと他人に出来るだろうか?

 

「払えるだけで良い」「代わりに労働してもらう」なんてのは、血縁者同士だから出来るのだ。

 

つまり戸建てを持って部屋がたくさん空いていれば、それを使って自分は無料で暮らしていける可能性が高くなる。

 

固定費さえ無ければ、月収10万円でも暮らせるのだ。ところが皆、頭が硬いし危機意識もゼロ。普段から何も考えていないから困ったことになる。

 

話をまとめよう。

1.いざとなったら固定費を極限まで減らせる体制にしておく

2.普段から血縁者を助けて関係を良くしておく

 

これが出来ていれば楽に延命できる。30年も延命できれば寿命を迎えるだろう。