お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

日本語はローカル言語?いま子供に習得させるべき言語とは?

日本語はローカル言語?いま何を学ぶべきか?

日本語はローカル言語?いま何語を学ぶべきなのか?

「いつも日本語を使って生活しています」という国は日本しかない。つまり日本語とはローカル言語なのだ。

 

これから世界で使われるグローバル言語は、英語と中国語の2強になっていく。

 

次いで人口の多いインドのヒンディー語、スペイン語と続くが自分が必要なものだけ習得すれば良いだろう。

 

「私は一生日本で暮らすから日本語だけで良い」というのは昭和の時代の話だ。年金・社会保障制度など、昭和のシステムが通用しなくなる日は近い。

 

既に年金では生活できくなる日本人が増えており、物価の安い国への移住を考える引退前世代の方々が増えている。

 

少なくとも東アジア+東南アジアの言語とグローバル言語くらいは習得しておくべきだろう。

 

幼稚園や小学校なんてスポーツ・レジャー関連と、言語学習くらいしか必要ないんじゃないかと思う。中学から数学とプログラミング。高校でさらに専門分野の勉強・実践をして、大学と就職は同時に行えば良い。

 

専門的な職業をこなしながら、さらに専門的な学習・研究を大学でやる。そんな感じでいいんじゃないだろうか?

 

今はまるで大学までが託児所みたいになっている。

 

さて、令和の時代における日本人が学ぶべき言語ははっきりしている。それはローカルの日本語、グローバルの英語・中国語だ。

 

私の場合は生活圏が広いため、グローバル言語としての英語・中国語、ローカル言語として日本語、タイ語、ベトナム語を学んでいる。

 

今のところインド人やスペイン語圏との関わりはない。

 

結論:いま子供に習得させるべき言語は英語と中国語。世界の富裕層は自分の子供にそう教育している。時代の流れに合わせ、素直に真似すれば良い。