お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

土地が安いぞ!温泉の街?甲府を視察中〜

温泉の街?甲府を視察中

温泉の街?甲府を視察中

長野県での滞在を終え山梨県へ。甲府市を観光がてら視察中。ざっくりと不動産価格を調べたところ、甲府駅周辺でも結構安いことがわかった。

 

JR甲府駅(中央本線)は山梨県のターミナルステーションだが、長野駅に比べて土地が安く感じる。

 

両者の最大の違いは「新幹線」だ。

 

北陸新幹線がある軽井沢〜長野駅は土地代も結構高い。甲府は新幹線からは漏れており、特急あずさで新宿チームに属している。

 

長野県松本市や山梨県甲府市は「新宿チーム」軽井沢〜長野駅は「東京チーム」に分類される。両者の大きな差になったのは外国人観光客。

 

羽田・成田から外国人観光客が最初に向かうのは品川・上野(日暮里)となる。自ずと新幹線で東京駅・上野駅から行ける場所が外国人向け観光地として栄る。

 

一方、国際空港から電車でアクセスしにくい新宿チームは、インバンドの流行に置いていかれたわけだ。

 

明暗を分けたのは新幹線。

 

実際に甲府市に来てみると、やはり山あいのコンパクトシティで住みやすい。冬は寒いので論外だが・・・。

 

2030年をめどに甲府駅から徒歩20分件内のボロ戸建てを買っておこうかと思う。築年数で40年を超える物件が団塊世代の遺物となる。

 

家が欲しいのではなく駅近の土地が欲しいだけ。ボロが建っていれば維持費が安く住むので、とりあえずは住むためじゃない。

 

長野や甲府の平成生まれの人は、上京のハードルが低い(近い)ため東京へ流出している。甲府市の人口は20万人をピークに減少傾向。

 

これからの時代は何と言っても「コンパクトシティ」を意識しなければならない。山暮らしがしたくても、麓の住宅街が良いだろう。

 

ポイントは生活インフラの持続性となる。

 

あなたが市長だとして、1,000人集まって住んでいるエリアと50人集まって住んでいるエリアがあるとする。

 

両方のインフラが老朽化し、予算が限られているとしたら、どちらを放棄するかは明らかだ。

 

未来の市長は「なるべく駅前に集まってください」と考えるようになる。税収がないのだから。

 

地方都市に住む場合は、過疎化が進行しても最後まで人が集まる場所。具体的にはその県最大のターミナル駅周辺を選ぶべきである。

 

ターミナル駅+県庁+市役所が揃ったエリアだ。山登りはハイキングで十分に満たせるので、くれぐれもインフラが無くなるエリアを買わないようにしよう。