お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

サラリーマン大家の時代とっくに終了、サブリースは最初から論外

投資経験が長ければ「絶対に儲かる」や「絶対に損はしない」はあり得ないと知っています。

 

投資にはリスクが必ずあるわけです。

 

2013年日銀金融緩和により溢れたマネーが、不動産投資を始める正社員やOLといった「普通の人」へ大量に融資されました。※金額は大きいが人数は少ない。

 

2018年かぼちゃの馬車問題〜直近のレオパレス問題にて、スルガ銀行を筆頭に不正融資が発覚し、一気に融資が引き締まりました。

 

たまたまタイミングが良かったサラリーマン・OL投資家の方は上手くいったわけですが、彼らも勉強をしていくうちに「恐ろしいリスクを取っていた」と気付きます。

 

一棟物アパートを購入する場合、地方でも8,000万円〜、首都圏なら1億5,000万円〜が相場です。

 

普通に考えて1億もの借金をして「普通の人」が投資してしまうのを、どう感じるでしょうか?

 

年収400万円+貯金100万円くらいを「普通」と定義すれば、自宅購入でも1億なんて物件は選ばないでしょう。

 

1億5,000万円のアパートへ投資するなら、最低でも資産1億〜2億程度欲しいと考えるのが自然です。

 

「最悪でも膨大な借金が残ることはない」こういった感覚は必要です。

 

 サブリースも流行し問題になりました。「家賃保証」「年金の代わりになる」というセールストークに流されてはいけません。

 

投資の大前提を思い出して下さい。

 

「絶対に儲かる」や「絶対に損しない」はあり得ないのです。家賃の30年保証なんて出来ません。

 

その30年とか35年て何だと思います?

 

顧客にローンを組んで欲しい最大の年数ですよ。

 

そもそも浮き沈みの激しい不動産業界では、その会社が30年も存続しているかさえわかりません。

 

さらに担当者(営業マン)の回転はもっと早く、いま目の前で「大丈夫」と言っている

 担当者(営業マン)は、来年には退社しているかもしれないのです。

 

そんな連中の「保証」なんてあてにしてはいけません。

 

不動産屋と銀行がグルになった不正融資、保証なんて不可能な家賃保証(サブリース)

 

これらの問題は私たちに何を教えているのでしょうか?

私たちはこれらの事件から何を学べるのでしょうか?

 

常にこのように考えるべきだと私は思います。

 

答えは明確です。

 

「ちゃんと勉強しましょう」という教えです。

 

投資をする、大金を借りる、そんな時に勉強せず無防備で誰かのおすすめ、担当者(営業マン)が信用できそうな人だから、信頼できる人の紹介だからと「自分以外の何か」に頼りきってはいけません。

 

専門家に相談するのも良いでしょう。本を読んで勉強するのも良いでしょう。

 

ただし、専門家の言うことや本に書いてあることを、鵜呑みにしてはいけません。勉強を続けて、自分で判断する力を養うのです。

 

そして経験を積むために「小さい金額(リスク)でやってみる」のです。今なら数万円で出来る投資もあります。儲けより経験のためです。

 

最初から1億借りて一棟物を買うなどという、馬鹿げた投資をしては行けません。

 

いかなる理由(年金が心配・・・etc)があろうともです。

 

最終的には「自分で判断する」これは投資だけでは無く、生きていく上で重要なことだろうと思います。

 

営業マンは将来の「心配」や「不安」に付け込んできます。それはそういうマニュアルだからでしょう。

 

 point.

・しっかりと勉強をする

→知識のない人が狙われます。

・自分で判断する

→信頼できる人の紹介だからは駄目。

 

他人に任せず、しっかりと勉強し、自分で判断する。自分で判断できるだけの知識がない場合、それには参加しない何もしないという選択もある。

 

「自分以外の何か」を全面的に信頼してはいけません。ただし耳を塞いでしまうと、自分が成長できません。

 

よく学び、慎重に行動を起こす。学ぶだけでも駄目。少しづつ経験値を上げ、自分が成長するのが大事。

 

10年後20年後の世の中などわかりません。

 

過度に将来の不安を持つより「いま成長しよう」と今にフォーカスする方が、結果的に良い将来が訪れます。

 

 将来は大事です。過去も大事です。でも「いま」はその何百倍も大事なのです。