お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

2020年代ミニマリスト的思考がトレンドになる

何年も前から「商品が売れなくなる」「物を所有しない時代が来る」と言い続けて来ました。あらゆる流れがミニマリスト的な生活・思考をフォローしています。

 

2020年代から先進国を中心に、いよいよミニマリストの時代に突入します。

 

昭和の時代には「物がある事=豊か」と定義されていました。平成も終盤になり、ようやく「物があり過ぎる弊害」に人々が気付き始めています。

 

ポスト平成の時代には「余計な物がない事=美学」になるでしょう。

 

本当に必要な物だけがある生活、無駄のない生活は多くの恩恵をもたらします。

 

・物を大事に扱うようになる

・物を紛失しないようになる

・頭の中が整理される

・時間が増える

・お金が増える

・・・etc

 

ミニマリスト思考で生活をする事は「お金持ちの習慣」や「成功法則」にも通じているのです。

blog.literacy.work

 

私が実践しているミニマリスト的生活。

 

・愛用品は良質な物を選ぶ

・同じ服を着る

・・・etc

 

物質世界では「物」にも意識や魂が宿っています。愛用していて気分が良くなる物や、触り心地・着心地が良い物を選ぶのがベスト。

 

・良い物を長く使う

 

これはポイントだと思っています。いつも良質な物を身につけているのに、長く大切に使うためトータルのコストは変わりません。

 

同じコストでも、ごちゃごちゃ所有するのに比べて、周りの見る目や印象が格段にアップするでしょう。

 

「同じ服を着る」については成功法則に通じます。多くの成功者が行き着く先は、同じ服を着る事です。

 

先進国においてはミニマリスト的思考への理解が進んでおり、毎日同じ服を来ていても、馬鹿にされないようになって来ました。

 

むしろ評価される時代が来るでしょう。

 

ベトナム(途上国)の高級クラブへ通った際、階下のセキュリティーには馬鹿にされました。

 

「まるでユニフォームだ」と。

 

流石にベトナム語で説明するのも何ですから「いつかわかる」と、私なりの愛情を持ってテレパシーを送っておいた。

 

 日本でも平成の終盤までは馬鹿にされていたしね。

 

・通常は小綺麗にして同じ服を着る

・デートやドレスコードが必要な時はお洒落をする (これは月に数回ある)

 

私が暮らしているのは、物価の安いタイ・ベトナムで、1年中が夏となる。上はGAPの黒VネックTシャツを愛用、下は2万円くらいする白い短パン。

 

2万円と言っても、支払いはEPOSポイント。

 

 上下とも同じTシャツと短パンを複数持っており、組み合わせも気にならない。これが「時間とお金を産むこと」を、ようやく世界が理解してくれるようになった。

 

 喜ばしい。