お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

ミニマリスト的思考の良い点・悪い点とは?

 

マネークリップとベトナム・ドン

マネークリップとベトナム・ドン

 2020年代は「ミニマリスト的思考」が勢いを増してくるでしょう。必ずしも「主流になる」とは言えませんが、勢いは増していくでしょう。

 

そもそも何故ミニマリスト的思考をするのか?理由は色々ありますが、重要なのは以下の2点です。

 

・頭がスッキリ整理される

・物を大切に扱うようになる

 

物が無い時代には「多くの物を持っていること」が、幸福・豊かさの基準でした。

 

不思議なもので物が溢れる時代になると「持っていない幸福・豊かさ」がクローズアップされます。

 

 私は「ミニマリスト的思考」が、お金を含めた「幸福・豊かさ」を得るために不可欠と考えています。

 

例外的に「多くの物を持てる人」がいます。「持てる」とは、持っていても幸福・豊かさを追求できる人のこと。

 

詳しく説明します。

 

まず、物を持たない方が良い理由は上で申し上げた通り、

 

・頭がスッキリ整理される

・物を大切に扱うようになる

 

からです。

 

普通の人ならこれらの効果が、幸福や豊かさを持たらすライフスタイルになるでしょう。

 

具体的には「お金」と「時間」が増えます。

 

その例外として大金持ちがいます。

 

大金持ちは「家政婦」を雇っています。そのため物が多くても、散らかることがありません。

 

いつも綺麗に管理され散らかっていないため、大金持ちの頭はいつもスッキリしています。

 

ビジネスや子供に良い教育を受けさせる等、生産的なことに容量を使える。掃除や洗濯や片付けといった、家事を気にする必要が無いのです。

 

子供の世話さえ大半が任せられるため、別のことを考える容量が残ります。家政婦のいる大金持ちは「物があっても良い」のです。

 

次に「同じ服を着ることへの抵抗について」です。

 

ミニマリスト的思考では、同じ服を着ることはかなり重要。私の場合、東南アジア在住のため1年中が夏のみ。

 

毎日Tシャツと短パンが基本です。コートとか高額な洋服が不要なので、コストがかからないですね。

 

このTシャツと短パンも、質の良い気に入った物を買い続けます。上下どちらかが消耗してきた時に、困るようではいけません。

 

同じTシャツを5枚、短パンを2枚でずっと回しています。消耗して着れなくなったら不足分だけ追加します。

 

・ショップで何を買うか迷わない

・毎日何を着るか迷わない

 

 ミニマリスト的思考とは「無駄な容量を使わないで済むようにすること」です。いつも頭がスッキリしていれば、良い判断が出来、お金が増えます。

 

いつも同じ服を着ると決めれば、みすぼらしい格好は選択しないですし、クローゼットもいつも綺麗に整理されます。

 

そしてデートやドレスコードありの店へ行く時のみ、お洒落な格好をしていきます。2パターンくらい勝負服があればOK。

 

2パターンしかなければ、管理が行き届くものです。結果的に質の良いお気に入りの洋服を、とても大切に扱うようになります。

 

問題は周囲が「いつも同じ服を着てる」と思うことです。私も実際に言われ続けて来ました。

 

ここで良く考えてみて下さい。

 

凡人だらけの世間、いつも判断を間違える庶民、これが人口の大半を占めています。極端な話、99%と言っても過言ではありません。

 

彼らは偉人が同じ服を来ていた理由など知る由もありません。

 

つまり「いつも同じ服を着てますね」と庶民・凡人に揶揄されている状態こそ、1%の幸せ・豊かを手に入れる正しい道なのです。

 

他人:「いつも同じ服着てますね」

自分:「よしよし、良い方向へ向かっているぞ」

 

これが正しい解釈です。

 

庶民・凡人に同調されてるようでは駄目でしょう。それでは庶民・凡人まっしぐらです。

 

苫米地英人が「普通」の人には見えないでしょう。変人と思われるくらいが丁度いいんです。

 

「いつも同じ服を着てますね」と揶揄されると、「かのスティーブ・ジョブズだっていつも同じ服じゃないか」と返す人もいます。

 

決して、くどくど説明しないようにしましょう。

 

もっと「さらっと、そのうちわかる」と返しましょう。こちらは服を買うお金が無いのではなく、幸せ・豊かさを手に入れるためにわざとやってるわけですから。

 

・自信を持って自分のスタイルを貫く

・庶民・凡人に対しても、愛情を持ってさらっとアドバイスする

 

決して意地になって、くどくど説明してはいけません。揶揄している相手は、実際にはあなたの服装など大して気にしていません。

 

一番気にしているのは、あなた自身です。あなたの服装をあなた以上に気にしている人はいないのです。

 

知識・見識に乏しいため、行き当たりばったりに言葉を発しているだけです。

 

point.

愛情を持ってさらっとアドバイスする、自分に自信を持ち、いちいち腹を立てない。