お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

お金持ちの習慣その1:お金や財布を大切に扱う

お金と財布を大切に扱う

お金と財布を大切に扱う

 あなたが「お金持ちになりたい」と願うなら、お金持ちではない自分とは「違う自分になる」必要があります。お金持ちの習慣は無数にありますが、そのほとんどは既に解明されています。

 

今回は「お金と財布を大切に扱う」についてお話しします。

 

 大前提として、お金も物質またはエネルギーです。例外なくあなたの意識と共鳴しています。物質世界では、物を大切に扱えば「良い共鳴」が起こります。

 

良い共鳴が起きている場所に、自然とお金が集まってくるのは当たり前。

 

お金や財布を大切に扱う方法は人それぞれです。世界的に「長財布にピン札」というのが一般的なお金持ちのスタイルです。銀座の高級クラブなど、金持ちの社交場で良く見かけます。

 

お金持ちの行動を良く観察してみて下さい。

 

私の場合、物価の安い東南アジアで「デュアルライフ」を送っています。こちらでは盗難が多いため、後ろポケットや鞄にしまう長財布は適していません。

 

また内ポケットのある上着を着用するケースも稀です。一年中が夏のため基本的に「短パン+半袖」になります。

 

財布やスマホ等の貴重品は、盗難防止の観点から前ポケットにしまいます。また、可能な限り軽装で外出するのも基本中の基本。

 

防犯上の理由から前ポケットに入れるため、二つ折り財布を使っています。かなり特殊なケースでしょう。

 

財布はとにかくシンプルで薄く、材質は良いものを選んでいます。中身はクレジットカード1枚(EPOS CARD)と1万円札5枚のみ。

 

小銭と同居させるなんてのは論外です。

 

スマホにSuikaとQUICPayが入っており、現金を使うケースは滅多にありません。そのため銀行のキャッシュカードは持ち歩いていません。

 

タイではクレジットカード1枚と1,000バーツ札3枚のみ、ベトナムではクレジットカード1枚と50万ドン札5枚のみ。

 

タイでは小銭入れを別に用意しており、ベトナムは小銭がありません。

 

ポイントカードは「自動的に貯まるもの」「金額が大きいもの」これ以外は使うのを辞めました。具体的には航空会社のマイレージと、クレジットカードのポイント還元や利用ボーナスです。

 

「自動的かつ金額が大きい」という条件を満たすサービスは、それぞれのライフスタイルによって違うと思います。

 

現金を使わないのに5枚持っている理由を説明します。念の為という事であれば1万円で十分です。ところが1枚ではお金も寂しいでしょう。

 

「仲間や友達も一緒にわいわい」という意味で、一人にすることは決してありません。最低5枚が良いと思います。

 

あとはお札を綺麗に整え、向きも揃えて居心地の良いベット(良い革製の財布)に入れます。

 

財布は高級ブランドでなくても、触り心地の良い良質なものであれば十分かと思います。もちろん古くなったら買い替えます。

 

これらの事は、あなたが賃貸アパートのオーナーになったと思えば、しっくりくるでしょう。

 

オーナーは入居してもらうために何をしますか?

 

部屋を綺麗にして入居者を大切にするでしょう。入居者は部屋が綺麗で居心地が良く、管理人が良く世話してくれるアパートに好んで入居します。

 

入居者が殺到するのも、財布にお金が殺到するのも、同じ理屈なのです。

 

世の中「お金持ちになりたい」という人で溢れています。ところが実際に行動を起こして、違う自分に進化しようとする人は稀です。

 

(こんなに簡単な事なのに)なぜ行動を起こさないのでしょうか?

 

Point.

・お金持ちは長財布にピン札が基本。「長財布はポケットに入れづらい」と思われるかもしれません。ところがお金持ちは世界的に見て「移動は車」ですから、入れづらいとか防犯面は気にならないのです。