お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

成功法則その1:どうやったら発動できるのか?

成功法則は昔から研究されており、そのほとんどが解明済みです。そして諺(ことわざ)にもなっています。

 

・人事を尽くして天命を待つ

・果報は寝て待て

・早起きは三文の徳

・・・etc

 

2020年代には「成功する方法」が常識になるものの、成功法則は「わかったけど使いこなせない」へ関心が移るでしょう。

 

 教える側でも「皆に同じ法則を教えたのに、成功する人が一部なのは何故か?」に関心が移ります。

 

どうやったら成功できるか?

 

から

 

成功法則をどうやって発動させるか?

 

がテーマになります。

 

このブログでは成功法則も紹介しますが、もっと踏み込んで「どうやったら発動できるのか?」に、よりフォーカスします。

 

 既に成功している人達は、自分ではその感覚を体験・体感から知っています。ところが他人に上手く説明する言葉が見つかりません。

 

また、まだ体験していない人が、成功者の言っている事を理解するのも困難です。具体的に説明します。

 

あなたが「スカイダイビングってどんな感じ?」と経験者に質問します。経験者は「う〜ん、気持ちいいよ」とか曖昧な回答になります。

 

「やった事がない人に説明するのは難しい」成功法則の世界も、こんな感じなんです。

 

 それでも敢えて説明するのが、成功法則研究所の使命です。こんな状態の方は読み進めてみて下さい。

 

・成功法則は散々学んだが、成功できていない。

・そこそこ成功しているが、もっと大きく成功したい。

 

まず無限に広がる並行世界(パラレルワールド)をイメージして下さい。この世は並行世界なのか?という疑問は無視して下さい。

 

その無数の並行世界すべてに別のあなたが存在しています。これもイメージで構いません。

 

その中には今の自分より「上手く行っている自分」「成功している自分」「お金持ちの自分」など、すべてが存在しています。

 

一方で、今の自分より「上手く行っていない自分」「成功していない自分」「貧乏な自分」も存在しています。

 

別の並行世界へジャンプした時に「良い自分がいる世界へジャンプしたか」「悪い自分がいる世界へジャンプしたか」そういう感覚です。

 

自分よりネガティブな人達と付き合えば、そういう自分がいる世界へジャンプします。貧乏な人達と付き合えば、貧乏な自分がいる世界へジャンプします。

 

例外や偶然は一切ありません。

 

心底ポジティブに考えていれば、良い自分がいる世界へジャンプします。お金持ちの輪に入れば、お金持ちの自分がいる世界へジャンプします。

 

だからこそ「ポジティブに考えよう」とか「お金持ちと付き合おう」などと言われます。ここで顕在意識で結構ですから良く考えて下さい。

 

ポジティブに考えなきゃと「ふり」をすると逆効果です。お金持ちと一緒にいたら「引け目を感じた」これでは本末転倒です。

 

心底ポジティブなら「ふり」をするわけありません。引け目を感じるのは、自分は彼らより劣っていると信じているからでしょう。

 

大前提として、全員が全知全能の自分(いわゆるハイアーマインド)を持っています。今は弱っちぃ皮を被って弱気になっているだけです。

 

よくあるじゃないですか。「天使が地上に落っこちて、凄い力が無くなっちゃった」みたいな映画が。あんな感じなんです。

 

この事が心底信じられていないので、何も発動しないのです。

 

自分の凄さを信じるために「小さな成功体験」は武器になるかもしれません。大きな目標を持って、それがなかなか近づいて来ず、不安が募っては意味がありません。

 

小さくてもいいから実際に成功を「体験・体感すること」は重要なんだろうと思います。人は自分が体験・体感したことは、どんなにオカルトでも信じる事が出来るからです。

 

 まとめると「小さな成功体験を目指し、小さな成功を積み上げること」これが重要です。コツを掴んだら、どんどん上へ行く。

 

・急がば回れ

 

と言うじゃないですか。