お金の増やし方|成功法則研究所|バンコク支店

超富裕層(金融資産5億円以上)になる珠玉のメソッド。お金・成功・宇宙の法則を活用しよう!

他人の失敗を期待してしまう、他人の成功を妬んでしまう

TVは「百害あって一利なし」が自分の信念なので、普通にチャンネルを回して流し見する習慣はない。

 

TV東京ビジネスオンデマンドと言う「経済番組だけ集めて、ネットで見たい時に見ることが出来る有料サービス」のみ利用している。

 

有料なのでCMも入らない。

 

先日の放送を見ていた時のこと。大塚家具の久美子社長が、お家騒動以来久しぶりにインタビューに答えてくれた。

 

大塚家具といえば、お家騒動から業績が低迷し、悪戦苦闘している印象がある。

 

インタビュアーは業績不振について「最近どうですか?」と言うノリ。視聴者も当然「そのこと」に興味津々だ。

 

私も一瞬「そのこと」に心が動いてしまった。本当に恥ずかしい話。

 

久美子社長は一枚上手で「そのような話は生産的ではない」と一蹴。「はっ」とすると同時に、今年一番恥ずかしい出来事となった。

 

「他人の失敗を期待したり、他人の成功を妬む」なんてのは下衆の極みである。本当に恥ずかしいと思うと共に、やはり「創業者の娘は凄い」と感心した。

 

「大塚家具が中国へ進出する」と言えば「乗っ取られる」と連想してしまうスタジオ。中国人や外国人は皆ハゲタカと言う先入観。

 

提携相手の中国人や企業の事を何も知らず、久美子社長の事も全然知らない。そんなスタジオの凡人や視聴者は、そんなんだから一生凡人であり視聴者なのだ。

 

中国進出に成功して、名門大塚家具が復活すれば最高ですし、運悪く乗っ取られても、久美子社長やその周辺の人々はそこから何かを得るはず。

 

他人の失敗を期待するのは、自らが何もできない惨めな人間の発想だ。

 

あなたが成功を望むなら、挑戦者を賞賛し、応援し、自分も続こうと考えるべきである。成功を望まず、惨めを望むなら、そのまま他人の失敗を期待していれば良い。

 

選択するのは自由なのだから。